出会い系サイトの濡れ衣

出会い系サイトの濡れ衣
セフレの失踪
人妻の一人旅
熟女の主任
不倫の疑惑
メル友へプレゼント
アダルトの出現
無修正の歯止め
アダルトビデオの出品
カリビアンコムの障壁
天然むすめの錯乱
ホーム >>


出会い系サイト(蚕)はチョウ目(鱗翅目)・出会い系サイトガ科に属する昆虫の一種。正式和名は出会い系サイトガで、出会い系サイトはこの幼虫の名称だが、一般的にはこの種全般をも指す。クワ(桑)を食餌とし、絹を産生して蛹の繭を作る。 出会い系サイトは家蚕(かさん)とも呼ばれ、野生に生息する昆虫ではない。出会い系サイトの祖先は東アジアに生息するクワコ (Bombyx mandarina) であると考えられている。出会い系サイトとクワコは別種とされるが、これらの雑種は生殖能力をもつ。 [編集] 生育過程 出会い系サイトは人による管理なしでは生育することができない。なぜなら体は白く、敵に見つかりやすいこと以上に、腹の足の吸盤が退化して木に登ることもできず、枝に擬態するポーズなどの本能も失われているからである。 孵化したての幼虫は黒色で疎らな毛に覆われ、「毛蚕」(けご)、またはアリのようであるため、「蟻蚕」(ぎさん)と呼ばれる。桑の葉を食べて成長し、十数時間程度の「眠」を経て脱皮する。脱皮後も毛はあるが、体が大きくなる割に、毛は育たないので青白いイモムシ様の虫となる。脱皮を(品種により異なるが)4回前後繰り返すが、産毛として最後まで足の辺りに生えている。また二令幼虫になるころに毛が目立たなくなるのを昔の養蚕家は「毛をふるいおとす」と思い、毛ぶるいと表現した。 蛹化が近づくと、体はクリーム色に近く半透明化してくる。出会い系サイトは繭を作るに適当な隙間を求めて歩き回るようになる。やがて口から絹糸を出し、頭部を∞字型に動かしながら米俵型の繭を作り、その中で蛹化する。絹糸は絹糸腺(けんしせん)という器官で作られる。セリシンという糸の元になるタンパク質がつまっており、これを吐ききらないとアミノ酸過剰状態(醤油を一気飲みしたような状態)になり、出会い系サイトは死んでしまう。なので出会い系サイトは歩きながらでも糸を吐いて 繭をつくる準備をする。また蛹になることを蛹化というが養蚕家では化蛹(かよう)という。 蛹繭の中で出会い系サイトは丸く縮んでいる。これはアポトーシス(細胞の自殺)が体内で起こっているのであり、体が幼虫から蛹に作りかわっている最中なのである。その後脱皮し、蛹となる。蛹は最初飴色だが、だんだんと茶色く硬くなっていく。 羽化すると、尾部から茶色い液(蛾尿という尿。つかんだりしても驚いて出す)を出し、自らの作った繭を破って出てくる。成虫は全身白い毛に覆われている。翅はあるが退化しており、飛ぶことはできない。成虫は口が無く、餌を取ることは無い。交尾の後、やや扁平な丸い卵を約500粒産み、約10日で死ぬ。 [編集] 用途 出会い系サイトは、ミツバチなどと並び、愛玩用以外の目的で飼育される世界的にも重要な昆虫である。日本では、古事記にも記述があるほどの長い養蚕の歴史を持ち、戦前には絹は主要な輸出品であった。地方によっては「お出会い系サイト様」といった半ば神聖視した呼び方が残っている。また出会い系サイトは家畜として扱われているため、「一匹、二匹」ではなく牛などと同じように「一頭、二頭」と数える。 絹を取るには、蛹となった繭を丸ごと茹で、ほぐれてきた糸をより合わせる。茹でる前に蛹から羽化して食い破られるなどして屑になった繭は真綿(絹綿)にする。 絹を取った後の蛹は、熱で死んでいるが、そのままの形、もしくはさなぎ粉と呼ばれる粉末にして魚の餌や釣り餌にすることが多い。また、貴重なタンパク源として人の食用にされる例もある。日本の長野県や群馬県の一部では「どきょ」などと呼び、佃煮にして食用にする(1919年の農商務省による調査では、23府県で蛹を食する地域が存在し、成虫でも2県、幼虫でも食する県が1件報告されたと言う)。韓国では蚕の佃煮を「ポンテギ」と呼び、また、中国でも山東省、広東省などでは蚕蛹(ツァンヨン)と呼んで、素揚げにしたり、煮付けにして食べる。タイ王国でも、北部や北東部では素揚げにして食べる。 また、白?菌に感染した蚕(白?蚕)は死んでしまい、当然絹を取る事は出来ないが、漢方医学では癲癇や中風、あるいは傷薬として用いた方法が『医心方』などにあり、前述の農商務省調査でも普通の蚕を含めて民間療法の薬として様々な病状の治療に用いられているとされている。 学術目的では変態やホルモンの生理学などのモデル生物として用いられる。エクジソンは出会い系サイトを用いて単離された代表的な昆虫ホルモンである。また、教育課題として出会い系サイトの幼虫の飼育や解剖観察を行うことも多い。 [編集] 出会い系サイトを巡る伝説 [編集] 日本 日本に出会い系サイトから糸を紡ぐ技術は、稲作などと相前後して伝わってきたと言われているが、古来においては様々な言い伝えがあり、日本神話が収められている『古事記』や『日本書紀』の中にもいくつかが収められている。 『古事記』上巻にて高天原を追放されたスサノオ(須佐之男命)が、食物神であるオオゲツヒメ(大気都比売神)に食物を求めたところ、オオゲツヒメは、鼻や口、尻から様々な食材を取り出して調理して差し出した。しかし、スサノオがその様子を覗き見て汚した食物を差し出したと思って、オオゲツヒメを殺してしまった。すると、オオゲツヒメの屍体から様々な食物の種などが生じた。頭に蚕、目に稲、耳に粟、鼻に小豆、陰部に麦、尻に大豆が生まれたという。 『日本書紀』神産みの第十一の一書にてツクヨミ(月夜見尊)がアマテラス(天照大神)の命令で葦原中国にいるウケモチ(保食神)という神を訪問したところ、ウケモチは、口から米飯、魚、毛皮の動物を出し、それらでツクヨミをもてなした。ツクヨミは口から吐き出したものを食べさせられたと怒り、ウケモチを斬ってしまった。これを知ったアマテラスがウケモチの所にアメノクマヒト(天熊人)を遣すと、ウケモチは既に死んでいた。ウケモチの屍体の頭から牛馬、額から粟、眉から蚕、目から稗、腹から稲、陰部から麦・大豆・小豆が生まれた。アメノクマヒトがこれらを全て持ち帰ってアマテラスに献上した。 また、日本書紀における神産みの第二の一書にて火の神カグツチ(軻遇突智)を生んだために体を焼かれたイザナミ(伊弉冉)が亡くなる直前に生んだ土の神ハニヤマヒメ(埴山媛)は後にカグツチと結ばれてワクムスビ(稚産霊)を生むが、出産の際にワクムスビの頭の上に蚕と桑が生じ、臍の中に五穀が生まれたという説話がある。 これらの神話はいずれも食物起源神話と関連している事から戦前の民俗学者である高木敏雄は、これは後世においてシナ(中国)の俗説に倣って改竄したものであり、植物から作られた幣帛を用いる日本の神道には関わりの無い事であり、削除しても良い位だと激しく非難している。だが仮にこの説を採るとしても、『古事記』・『日本書紀』が編纂された7世紀の段階で養蚕が既に当時の日本国家にとって重要な産業になっているという事実までを否定する事は出来ないと言えよう。 [編集] 中国 東晋時代の中国(4世紀)に書かれたとされる『捜神記』巻14には次のような話がある。 その昔、ある男が娘と飼い馬を置いて遠くに旅に出る事になった。しばらく経っても父親が帰ってこない事を心配した娘は馬に向かって冗談半分で「もし、お前が父上を連れて帰ったら、私はあなたのお嫁さんになりましょう」と言った。すると、馬は家を飛び出して父親を探し当てて連れ帰ってきた。ところが馬の様子がおかしい事に気付いた父親が娘に問いただしたところ事情を知って激怒し、馬をその場で射殺してしまった。その後、父親は馬の皮を剥いで毛皮にするために庭に放置して置いた。そんなある日、娘は庭で馬の皮を蹴りながら「動物の分際で人間を妻にしようなどと考えるから、このような目にあうのよ」と嘲笑した。すると、娘の足が馬の皮に癒着してそのまま皮全体で娘の全身を覆いつくした。身動きが取れなくなった娘は転倒してそのまま転がりだして姿を消してしまった。これを見た父親が必死に探したものの、数日後に見つけたときには馬の皮は中にいた娘ごと一匹の巨大な出会い系サイトに変化していたという。 この話をモチーフとしたと思われる伝説は日本国内にも伝わっており、柳田国男の『遠野物語』にも類似した話が載せられている。

火取蛾


火取蛾
出会い系サイト(火取蛾、燈取蛾、灯取蛾、火盗蛾、灯盗蛾) Arctia caja は出会い系サイト科のガの一種。 [編集] 概要 開翅長は 45 - 65mm であり、前翅と後翅で紋様が異なる。前翅は茶色地に白の縞(欠損する個体もある)が入り、後翅は朱色地に黒斑が入る。本種は有毒なので、後翅のこの目立つ紋様は天敵に対する警戒色と考えられる。なお本種の英名 tiger moth は前翅の縞模様をトラに見立てたものである。 後翅の紋様本種の毒性についてはまだ解明されていないが、アセチルコリン受容体をブロックする神経毒作用を示すコリンエステルであると考えられている。また、小鳥のような天敵にとって、この配色には学習効果もあると考えられる。通常、木などに留まっているとき、本種は保護色にもなっている前翅の下に後翅を隠している。しかし、危険を感じたらすばやく後翅の朱色を示して飛び立つ。これは鮮やかな色で天敵を混乱させるだけでなく、捕食された場合であっても、中毒を経験することで鮮やかな色がかえって記憶に焼きつく効果がある。それにより、近寄らない方が無難であることを学習し、結果この色彩が天敵に対する警告となる。 [編集] 分布 日本全土はもとより、極北周域にまで至るユーラシア大陸全土や北アメリカにも分布する汎存種で、海抜 2,000m の山地にも生息する。湿った場所を好み、その典型例は谷間の川沿いであるが、人家の庭や都市部の公園でも比較的よく見かける。また本種の幼虫は、こうした場所で成虫より頻繁に見ることができる。 [編集] 生態 幼虫(クマケムシ)産卵期は7月で、薄青白い卵は成虫に比較してかなり大きい。卵には粘着性があり、ふつうは葉の裏などに付着されるが、後述する幼虫の習性から、ともすればメスは産卵場所に無頓着になり、どこにでも構わず産卵する傾向がある。 幼虫は8月に孵化し、終齢期には体長 60mm 程度まで成長する。赤茶色の長い柔毛に覆われており、まさに毛虫そのものの外観を呈する。日本ではクマケムシの別名がある。広食性であり多種多様な草本、低高木の葉を食べ、エサを求めて地上を積極的に移動する。なお移動中、身に危険を感じるとひっくり返って死んだふりをする。幼虫のまま落ち葉の下などで越冬し、翌年の6月から7月までに蛹化する。成虫は7月から8月までに羽化する。 [編集] 人間との関係 幼虫は基本的に食樹、食草は選ばないが、なぜか庭木に適した低木のキイチゴ、ブラックベリー、ガマズミ、スイカズラ、エリカ、エニシダといった種を特に好むため、農家や園芸家からひどく嫌われる。 毛虫そのものの幼虫は、知らない人が見るといかにも毒々しいが、実際には毒はない(食草に含まれたアルカロイドを体内に含有していることがあるので、小鳥のように摂食する分には有毒ではある)。ただし幼虫の柔毛がアレルゲンとなり発疹などを引き起こすことがある。また同じ出会い系サイト科のヤネノホソバなど近縁種の幼虫は、この毛が有毒の毒針毛になっているため、むやみに素手で触れるべきではない。 成虫は他の多くのガ同様夜行性であり、光源の周囲を渦を描くように飛びまわるのをよく見かける。この習性は特に本種に限ったものではなく、他のガや昆虫で普遍的に見られるのだが、特に本種において目立つ。光源がたき火など直火の場合、最終的にはに火に飛び込んで自ら焼け死ぬ結果となり、和名の出会い系サイトもここに由来する。また自らを滅ぼすような禍の中に進んで身を投じたり、みすみす敵の餌食になる行為を指す飛んで火に入る夏の虫ということわざも、本種のようなガが見せるこうした習性から生まれたものである。 分布からまったくの普通種に思われるが、イギリスでは2007年8月以降、保護対象とすべき動物リストにその名が含まれている。

鹿子蛾
出会い系サイト(鹿子蛾、Amata fortunei)は、鱗翅目・出会い系サイト科に属するガの一種。出会い系サイト科とされることもある。 [編集] 特徴 およそガとは思えない風貌をしている。体に比べて翅はやや大きいが、これを捕獲して一般の方に見せ、これはガだと言っても信じてもらえないようなガ。フタオビドロバチに擬態しているとされる。 黒い翅にやや大きめの白斑をつけ、全体的に黒い体の腹節の一部は黄色くなる。また触角が細く、ハチのような姿である。もちろんガなので刺す事はない。 名前の由来は、翅の鹿の子模様。腹部が大きいものが雌である。 [編集] 生活史 食草はシロツメクサ、タンポポなど。ただし新鮮な葉は好まないようである。幼虫は黒く、節ごとに黒い毛が生える。 年2回発生。初夏から夏にかけて見られ、昼間に活動する。

夜蛾
出会い系サイト(夜蛾)は、チョウ目出会い系サイト科(Noctuidae)の昆虫の総称。 [編集] 概要 蛾の分類では、出会い系サイト科は1,000種を越える大所帯である。夜行性で、20mm前後の小型のものが多く、触角は糸状で、木の幹に張り付いて生活しているものがほとんどである。幼虫の食草が畑作物であることが多く、重要害虫である。ユウガオの受粉にかかわるのもこの仲間が主である。また、蛹のときの周りの木の幹の色に鱗粉の色を似せ、擬態することも多い。幼虫は、ウスベリケンモン出会い系サイト亜科とケンモン出会い系サイト亜科を除いては体表が露出し、刺毛を持たない。 [編集] 亜科 出会い系サイト科の亜科およびおもな種は以下の通り。 [編集] ウスベリケンモン亜科 Pantheinae キバラケンモン Trichosea champa コウスベリケンモン Anacronicta caliginea [編集] ケンモン出会い系サイト亜科 Apatelinae シロシタケンモン Apatele hercules オオケンモン Apatele major リンゴケンモン Apatele incretata ナシケンモン Apatele rumicis oriens シロハラケンモン Apatele pulverosa サクラケンモン Apatele strigosa adaucta ウスズミケンモン Apatele carbonaria ヒメケンモン Gerbathodes angusta [編集] キノコヨトウ亜科 Cryphiinae イチモジキノコヨトウ Cryphia granitalis キノコヨトウ Cryphia obscura ウンモンコ出会い系サイト Stenoloba manleyi [編集] タバコガ亜科 Heliothidinae ウスオビ出会い系サイト Pyrrhia bifasciata pryeri タバコガ Heliothis assulta [編集] モン出会い系サイト亜科 Noctuinae カブラ出会い系サイト Agrotis fucosa ウスイロアカフ出会い系サイト Diarsia ruficauda モクメ出会い系サイト Axylia putris タマヤナガ Agrotis ipsilon [編集] ヨトウガ亜科 Hadeninae ヨトウガ Mamestra brassicae シロシタヨトウ Sarcopolia illoba キミャクヨトウ Heliophobus dissectus フサクビヨトウ Hadena cucubali mandarina スモモキリガ Orthosia munda アカバキリガ Orthosia carnipennis チャイロキリガ Orthosia odiosa ヨモギキリガ Orthosia ella アワヨトウ Leucania separata ハマオモトヨトウ Brithys crini [編集] セダカモクメ亜科 Cuculliinae ホソバセダカモクメ Cucullia fraterna アワモクメキリガ Xylena fumosa キバラモクメキリガ Xylena formosa ノコメトガリキリガ Telorta divergens スギタニモンキリガ Sugitania lepida アオバハガタキリガ Valeriodes viridimacula [編集] カラスヨトウ亜科 Amphipyrinae オオシマカラスヨトウ Amphipyra monolitha カラスヨトウ Amphipyra livida corvina ハジマヨトウ Bambusiphila vulgaris ベニモンヨトウ Procus vulnerata フタテンヒメヨトウ Hadjina biguttula シロスジアオヨトウ Trachea atriplicis gnoma スジキリヨトウ Rusidrina depravata ニレキリガ Cosmia affinis magna マダラツマキリヨトウ Callopistria repleta ムラサキツマキリヨトウ Callopistria juventina obscura アヤナミツマキリヨトウ Callopistria placodoides シロテンウスグロヨトウ Dadica albisignata ヒメサビスジヨトウ Dadica truncipennis テンウスイロヨトウ Athetis dissimilis [編集] フサ出会い系サイト亜科 Euteliinae フサ出会い系サイト Eutelia geyeri シロモンフサ出会い系サイト Eutelia sinuosa ナカジロフサ出会い系サイト Bombotelia jocosatrix [編集] キノカワガ亜科 Nycteolinae キノカワガ Blenina senex ハイイロリンガ Gabala argentata [編集] キンウワバ亜科 Plusiinae タマナキンウワバ Plusia nigrisigna キクキンウワバ Plusia intermixta エゾギクキンウワバ Plusia albostriata イチジクキンウワバ Plusia eriosoma ミツモンキンウワバ Plusia agnata セアカキンウワバ Plusia pyropia ギンスジキンウワバ Plusia rutirifrons ウリキンウワバ Plusia peponis シーモンキンウワバ Polychrysia mikadina イラクサマダラウワバ Abrostola major [編集] コ出会い系サイト亜科 Acontiinae モンキコ出会い系サイト Hyperstrotia flavipuncta ヨモギコ出会い系サイト Phyllophila obliterata cretacea ベニシマコ出会い系サイト Corgatha pygmaea シマフコ出会い系サイト Corgatha nitens シロスジシマコ出会い系サイト Corgatha dictaria カバイロシマコ出会い系サイト Corgatha argillacea シラホシコ出会い系サイト Enispa leucosticta キスジコ出会い系サイト Enispa lutefascialis マエヘリクルマコ出会い系サイト Oruza mira モモイロツマキリコ出会い系サイト Lophoruza pulcherrima フタトガリコ出会い系サイト Xanthodes transversa サビイロコ出会い系サイト Amyna stellata [編集] シタバガ亜科 Catocalinae キシタバ Catocala patala コガタノキシタバ Catocala praegnax esther アシブトクチバ Parallelia stuposa ホソオビアシブトクチバ Parallelia arctotaenia オオウンモンクチバ Mocis undata ウンモンクチバ Mocis annetta ムクゲコノハ Dermaleipa juno モンシロムラサキクチバ Ercheia niveostrigata モンキムラサキクチバ Ercheia umbrosa アキバトモエ Enmonodia vespertilio トモエガ Spirama retorta ハゲルマトモエ Spirama helicina オオトモエ Erebus ephesperis シロスジトモエ Metopta rectifasciata フクラスズメ Arcte coerulea ハガアキリバ Scoliopteryx libatrix オオアカキリバ Anomis commoda アケビコノハ Adris tyrannus amurensis キタエグリバ Calpe hokkaida キンイロエグリバ Calpe lata ウスエグリバ Calpe thalictri マダラエグリバ Plusiodonta casta キンモンエグリバ Plusiodonta coelonota アカエグリバ Oraesia excavata ヒメエグリバ Oraesia emarginata オオシロテンクチバ Hypersypnoides submarginatus クロシラフクチバ Sypnoides fumosa ルリモンクチバ Lacera alope アカテンクチバ Erygia apicalis コウンモンクチバ Blasticorhinus ussuriensis ウスヅマクチバ Dinumma deponens カバフヒメグチバ Araeognatha cineracea マエジロクチバ Hypostrotia cinerea ヒメムラサキクチバ Diomea cremata マエテンアツバ Rhesala moestalis クロハナアツバ Aventiola pusilla ハイイロコ出会い系サイト Catoblemma obliquisigna [編集] アツバ亜科 Hypeninae ヤマガタアツバ Bomolocha stygiana クロキシタアツバ Dichromia amica キシタアツバ Dichromia claripennis トビモンアツバ Hypena indicatalis オオトビモンアツバ Hypena hampsonialis ナカジロアツバ Hypena belinda [編集] クルマアツバ亜科 Herminiinae シロスジアツバ Bocana spacoalis ネグロアツバ Zanclognatha nigrobasalis ミツオビキンアツバ Zanclognatha aegrota キスジハナオイアツバ Cidariplura brevivittalis オオアカマエアツバ Simplicia niphona オオシラナミアツバ Zanclognatha fractalis シラナミアツバ Zanclognatha innocens フシキアツバ Zanclognatha dolosa ウスキミスジアツバ Zanclognatha arenosa [編集] 利用 オーストラリアのアボリジニはウィッチェティ・グラブ(Witchetty grub)と総称する芋虫のひとつとして食べ、貴重なタンパク源としている。潅木の根元から掘り起こされ、そのまま木を燃やした灰の中に放り込み、蒸し焼きにして食べる。 特にAgrotis infusaの幼虫はボゴン・モス(英語 Bogong moth)と呼ばれ、大量に採れる時期、場所があるので重宝される。

夜盗蛾
出会い系サイト(夜盗蛾、Mamestra brassicae)は、チョウ目出会い系サイト科ヨトウ亜科の昆虫。幼虫は極めて多食性で、イネ科以外のほとんどの植物を食害する。老齢の幼虫は、日中は土中や株の地際に潜み、夜間に地上部に出てきて食害するため、夜盗蛾(よとうが)の名がついた。屋久島以北の日本各地、朝鮮半島、東アジア〜南アジア〜ロシア、ヨーロッパに分布する。 [編集] 形態 成虫は、体長が約15〜20mm、翅を開帳すると約45mm。体色は灰褐色〜黒褐色で、不鮮明な白色の斑紋がある。 卵の直径は約0.6mmのやや扁平な球形。色は乳白色。卵塊で産み付けられる。 ヨトウムシとも呼ばれる幼虫は、刺毛はなく表面は平滑。体色は、頭部は黄褐色で不明瞭な暗褐色の斑紋があり、胴部は灰黒色、暗褐色、暗緑色などで数多くの小さな黒点がある。老齢幼虫の体長は40〜50mmほどになり、土中で蛹化する。 蛹は、土中で体長が約18〜22mm。褐色。 [編集] 生態 一般に年に2回発生、地域によっては3回発生する。蛹で越冬し、4月下旬から羽化、すぐに交尾、産卵する。卵は夜間に、数十〜数百個の塊で葉の裏に産み付けられる。産卵は、高温少雨の場合に活発になる。 孵化した幼虫は葉裏に群生して食害し、食害を受けた葉は表皮のみが残る。3齢頃になると個体ごとに分散し、日中は土中や株の地際に潜み、夜間に活動する。6月下旬に幼虫は6齢まで生育し、葉に穴を開けながら暴食する。この齢の幼虫の食害が90%程度を占める。その後、地中にもぐって蛹化、夏眠する。ただし、冷涼な地域では、断続的に幼虫が発生する。 9月〜10月に羽化し、10月〜11月に幼虫が発生する。その後、地中で蛹化、越冬する。 [編集] 被害 非常に広食性で、イネ科以外のほとんどの植物を食害する。出会い系サイトの幼虫による大きな被害が知られている作物には、アブラナ科(キャベツ、ハクサイ、ダイコン)、マメ科(エンドウ)、アカザ科(テンサイ、ホウレンソウ)、キク科(レタス、ゴボウ)、ナス科(ジャガイモ、ナス、ピーマン、トマト、タバコ)、ユリ科(ネギ)、ウリ科(キュウリ)、セリ科(ニンジン)、バラ科(イチゴ)などが挙げられる。

その他

蛾一覧

  • アゲハモドキ
  • アメリカシロヒトリ
  • イラガ
  • ウンモンスズメ
  • オオスカシバ
  • オオミズアオ

Yahoo!検索

無料 レンタルサーバー