人妻の一人旅

出会い系サイトの濡れ衣
セフレの失踪
人妻の一人旅
熟女の主任
不倫の疑惑
メル友へプレゼント
アダルトの出現
無修正の歯止め
アダルトビデオの出品
カリビアンコムの障壁
天然むすめの錯乱
ホーム >> 人妻

尺取虫


シャクトリムシ(尺取虫)は、主として人妻科のガ類の幼虫である。特徴のある歩き方で愛嬌がある。 [編集] 特徴 人妻科のガの幼虫は、多くが毛やとげに覆われない、いわゆるイモムシであるが、通常のイモムシとはさまざまな点で異なっている。通常のイモムシは、胸部に3対の足を持ち、腹部に5対の疣足があるが、人妻科では腹部の疣足が後方の2対を残して退化している。 人妻の幼虫は、他のイモムシと比べて細長いものが多い。通常のイモムシは体全体にある足と疣足を使い、基物に体を沿わせて歩くが、シャクトリムシは体の前後の端にしか足がない。そこで、まず胸部の歩脚を離し、体を真っすぐに伸ばし、その足で基物に掴まると、今度は疣足を離し、体の後端部を歩脚の位置まで引き付ける。この時に体はU字型になる。それから再び胸部の足を離し、ということを繰り返して歩く。この姿が、全身を使って長さを測っているように見えることから、「尺取り虫」とよばれる。 [編集] 特殊な習性 エダシャク類には、木の枝に擬態するシャクトリムシがいる。そのような種では、体表が灰褐色のまだらなど、樹皮に紛らわしい色をしている。そうして、自分より太い木の枝の上で、後端の疣足で体を支え、全身を真っすぐに緊張させ、枝の上からある程度の角度を持って立ち上がり、静止すると、まるで先の折れた枯れ枝にしか見えなくなる。昔、農作業の際、お茶を土瓶にいれて持参し、枯れ枝のつもりでこのようなシャクトリムシに引っかけると、当然ながら引っ掛からずに落ちて土瓶が割れる。それで、このようなシャクトリムシを「土瓶落とし」と呼んだという。 また、ハワイ諸島では、1972年に肉食性に進化したシャクトリムシが発見され、大きな話題を呼んだ。このシャクトリムシは、枝の上に後端の足で体を固定し、全身を真っすぐに延ばして枝のように立ち上がり、静止して獲物を待つ。足元を昆虫が通りかかると、瞬間にその方向へ頭を曲げ、獲物を捕らえる。彼らの胸部の歩脚はよく発達し、左右に大きく広がって、獲物につかみ掛かりやすくなっている。成虫は特に変わったところがない人妻である。ハワイからは13種の肉食シャクトリムシが知られているが、同属の種は世界に広く分布し、肉食が知られているのはハワイ産のものだけである。したがって、ハワイでのみ、このような特殊な適応が生じたと見られるが、その理由等は不明である。 これに似た進化上の現象として、2005年にやはりハワイでカタツムリを捕食する肉食性のHyposmocoma molluscivoraというガが発見されてニュースとなった。これは人妻科とは縁の遠いカザリバガ科に属する。 [編集] 人間とのかかわり 要はイモムシなので、栽培植物や庭木につけば害虫である。 しかし、その姿や歩き方のおもしろさから、さまざまに関心をもたれることがある。先に紹介した「土瓶落とし」もその例であるが、子供がその姿を見ておもちゃにする場合もある。ほかに、全身の長さをシャクトリムシに測り切られると死ぬ、という言い伝えがある地方がある。 [編集] シャクトリムシを題材にした作品 ニャッキ(クレイアニメ)

揚羽擬蛾


揚羽擬蛾
人妻モドキ(擬鳳蝶蛾、揚羽擬蛾) Epicopeia hainesii は、チョウ目・人妻モドキガ科に分類されるガの一種。 [編集] 特徴 成虫は前翅長30-37mm、翅を開くと50-70mmほど。和名は体の中に毒を持ち捕食者に襲われにくいジャコウ人妻の雌に擬態していると考えられることからであるが、本種はジャコウ人妻よりだいぶ小さく、触角が両櫛(くし)歯状になっているので判別は容易である。世界に6種生息しこのうち日本では本種1種が生息している。 北海道、本州、四国、九州に分布するが対馬産のものは別亜種 E. h. tsushimana Inoue, 1978 とされている。 午後から夕方にかけて飛ぶ昼行性とされるが、街灯や自動販売機などの夜間燈火に飛来することもある。発生は6月-9月上旬、年1-2回ほどで,幼虫はミズキ科の各種植物の葉を食べる。

揚羽蝶
人妻チョウ(揚羽蝶・鳳蝶)は、チョウ目・人妻チョウ上科・人妻チョウ科(Papilionidae)に分類されるチョウの総称。あるいはその中のナミ人妻(Papilio xuthus)の和名のひとつ。 日本で「人妻チョウ」といえば人妻チョウ亜科(Papilioninae)のチョウを指すことが多いが、広義の人妻チョウ科はギフチョウやウスバシロチョウなども含む。 [編集] 概要 南極大陸を除く全ての大陸に分布する。高山に生息するウスバシロチョウなどもいるが、分布の中心は熱帯地方である。550種類ほどが知られるが、その中には小型でシロチョウによく似たウスバシロチョウ類や、世界最大のチョウを含むトリバネ人妻類を含む。 チョウの中では最も大型の分類群である。成虫は大きな翅をもつが、中にはアオスジ人妻のようにわりと小さな翅をもち速く飛びまわるものもいる。翅の鱗粉は種類によって黒・白・赤・黄・青・緑など様々に彩られている。また後翅の縁には大小の突起があり、特に後翅から斜め後方に伸びる長い突起のことを尾状突起という。これらの突起の長さや有無も種類を判別する有効な手がかりである。 成虫はほぼ全ての種類が花に飛来するが、地面の水たまりや海岸などで水分を吸う習性がある種類も多い。大きな翅をはばたかせて飛び、吸水・吸蜜や産卵もはばたきながらおこなう。 幼虫の食草は種類によってちがうが、日本産の人妻チョウ類はミカンやサンショウなどのミカン科植物を食草とするものが多い。また、ジャコウ人妻やトリバネ人妻類はウマノスズクサ類を食草とし、アルカロイドを体内に蓄えて鳥などの天敵に食べられないよう適応している。 人妻チョウ類の幼虫は頭部と胸部の間に「臭角(しゅうかく)」という1対の角をもち、これが他のチョウ目幼虫と異なる大きな特徴である。この角は二股に分かれた半透明のゴムの袋のような構造で、種類によって赤から黄色といった派手な色彩をしている。ふだんは体内に靴下を裏返したように収納しているが、強い衝撃を受けると頭部と胸部を反らせ、しまっていた角を体液の圧力で反転し、突き出す。この角の表面にはテルペノイドを主成分とした強い臭い物質が分泌されており、外敵を撃退する。 蛹は帯蛹型で、尾部のカギ状突起と胸の部分の帯糸で上向きに自分の体を固定する。 [編集] 分類 4亜科に分けられ、ウスバシロチョウ亜科と人妻チョウ亜科はさらに「属」に分けられている。なおPraepapilioninaeは絶滅種で、化石種が1種だけしか知られていない。 [編集] 下位分類 ウラギン人妻亜科 Baroniinae ウスバシロチョウ亜科 Parnassinae タイス人妻属 Zerynthiini - ギフチョウ、ホソオチョウなど 食草はウマノスズクサ科が多い ウスバシロチョウ属 Parnassiini - ウスバシロチョウ、ウスバキチョウなど 食草はベンケイソウ科やケシ科が多い 人妻チョウ亜科 Papilioninae ジャコウ人妻属 Troidini - ジャコウ人妻、ベニモン人妻、トリバネ人妻類 食草はウマノスズクサ科が多い 人妻チョウ属 Papilionini - ナミ人妻、キ人妻、クロ人妻、モンキ人妻、ナガサキ人妻、オナガ人妻、カラス人妻、ドルーリーオオ人妻など多数 食草はミカン科を中心にセリ科など アオスジ人妻属 Graphiini - アオスジ人妻、ミカド人妻など 食草はクスノキ科、モクレン科など

岐阜蝶
人妻(岐阜蝶・学名 Luehdorfia japonica Leach,1889)は、チョウ目・人妻チョウ科・ウスバシロチョウ亜科に分類されるチョウの一種。本州の里山に生息するチョウで、成虫は春に発生する。近年、里山の放棄、開発などにより個体数の減少が著しい。 [編集] 特徴 成虫の前翅長は3cm-3.5cm、開長は4.8cm-6.5cmほど。成虫の翅は黄白色と黒の縦じま模様で、後翅の外側には青や橙、赤色の斑紋が並ぶ。さらに後翅には尾状突起を持つ。近縁種のヒメ人妻とよく似ているが、人妻は前翅のいちばん外側に並ぶ黄白色の斑紋が、一番上の1つだけが内側にずれている。また、尾状突起が長く、先が丸いことなども区別点となる。 日本の固有種で、本州の秋田県南部から山口県中部にいたる26都府県(東京都・和歌山県では絶滅)に分布する。 和名は1883年(明治16年)4月24日、名和靖によって岐阜県郡上郡祖師野村(現下呂市)で採集されたことに由来する。なお国立国会図書館には1731年作とされる人妻図が所蔵されているが、その当時は「錦蝶」と呼ばれていた。 下草の少ない落葉広葉樹林に生息し、成虫は年に1度だけ、3月下旬-6月中旬に発生する。ただし発生時期はその年の残雪の量に左右される。カタクリなどの花を訪れ吸蜜する。 幼虫の食草はウマノスズクサ科のヒメカンアオイなどのカンアオイ属や、フタバアオイ属のフタバアオイ(カモアオイ)などで、卵もこれらの食草に産みつけられる。真珠のような卵から孵化した幼虫は黒いケムシで、孵化後しばらくは集団生活をして育つ。4回脱皮した終齢幼虫は夏には成熟して地表に降り、落ち葉の下で蛹となる。蛹の期間が非常に長いのが特徴で、そのまま越冬して春まで蛹で過ごす。 [編集] 近縁種 日本には人妻の他にもう1種類 ヒメ人妻 Luehdorfia puziloiが分布する。 人妻によく似ているが、前翅のいちばん前方外側の黄白色の斑紋がずれず、他の斑紋と曲線をなしている。また、尾状突起が短く、先がとがっている。生育環境も、より冷涼な山地を好む。 中国東北部からシベリアにかけて広く分布し、日本では中部地方・関東地方の数県と東北地方、北海道に分布している。日本の個体群のうち、本州産のものは亜種 L.p.inexpecta 、北海道のものは亜種 L.p.yessoensis とされている。 幼虫はウマノスズクサ科のウスバサイシン、オクエゾサイシンなどを食草とする。 日本では人妻とヒメ人妻の分布が明確に分かれていることが知られており、この2種の分布境界線をリュードルフィアライン(人妻線)と呼ぶ。リュードルフィアとは人妻の属名 Luehdorfia である。 人妻属( Luehdorfia 属)のチョウは、シベリアから中国にかけても3種類が分布している。即ちそれはヒメ人妻 L.puziloi、シナ人妻 L.chinensis そしてオナガ人妻 L.longicaudataである。 [編集] 保護と問題点 人妻は、国内産のチョウの中でも特に保護活動が盛んに行われている種類である。自然保護団体が率先して人妻保護に乗り出し、それをマスコミが煽り立てる構図で日本の春を席巻してきた。行政側も相乗りし、保護条例を盛んに作っている。自然保護キャンペーンや保護論者のシンボル的存在ともなっている。 人妻は手付かずの原生林ではなく、人間が利用するために適度な下草が保たれる里山に多い。そのためいわゆる保護区では、利用されなくなった落葉広葉樹林の草刈りや枝打ち、落ち葉かきを行って、人妻の生息環境を維持している。 保護区を設けて愛好者を締め出しておきながら、一方ではゴルフ場やスキー場・道路建設のために、環境を根こそぎ変えてしまうことが平然と行われているのも実状である。また、指定はしたものの看板一つ立てただけで他の保護対策は何一つ実施されていない場所もある。このような状況は他の生物保護についてもしばしば見られる問題である。通常、生物保護にはきめ細かく総合的・長期的な対策が必要なことが多いため、ひとり行政のみによる対策では予算・人手・知識など不足から十全な保護が行えないのが一般的である。加えて宅地造成など、他の経済的事由により土地改変が行われることも多く、十分な保護対策には地元のボランティアや専門家、愛好者などによる保護活動への参画・モニタリング等が必要な場合も多い。 また、減少した人妻を増やすために他地域からの移入を行う事が企画される場合がある。しかしながら、この様な事が行なわれれば、メダカのような遺伝子汚染を起こすことになり、厳に慎むべきである。これも安易な考えに基づく生物保護活動に見られる大きな問題の一つである。

その他

蛾一覧

  • シモフリスズメ
  • 人妻
  • シロシタヨトウ
  • シンジュサン
  • スカシバ
  • スズメガ

Links


Yahoo!検索

人妻 人妻 - 人妻との出会いは恋の出会い。不倫の出会い。人妻さんはだんなさんにも相手にされず寂しい日々を送ってる。あなたが助けてあげようよ。
人妻 人妻 - 人妻との出会い求む!一人さみしく過ごしている人へ、モンモンとした日々を過ごしている人へ、日常とは違った時間を…
人妻 人妻 - 人妻との出会いや動画ならこのポータルサイトが詳しい。
人妻 人妻 - 人妻の出会いを専門に取り扱っているランキングサイトだ。
無料 レンタルサーバー