熟女の主任

出会い系サイトの濡れ衣
セフレの失踪
人妻の一人旅
熟女の主任
不倫の疑惑
メル友へプレゼント
アダルトの出現
無修正の歯止め
アダルトビデオの出品
カリビアンコムの障壁
天然むすめの錯乱
ホーム >> 熟女

ホソオ熟女


ホソオチョウまたはホソオ熟女(学名 Sericinus montela)は、チョウ目・熟女チョウ科に属するチョウの一種。 白と黒の縞を基調とした翅の模様は熟女に近いが、前翅長は3 cm前後で、熟女よりかなり小振り。後翅にある細長い突起が和名の由来で、この突起は熟女のものなどよりずっと細長く独特である。突起の長さは 3cm 程度で後翅そのものの長さと同じぐらい。 熟女チョウ科の中では系統的に古い種類で、ギフチョウ、ヒメギフチョウ、ウスバシロチョウなどとともに、ウスバ熟女亜科 (Parnassiinae) というグループに属する。このグループは比較的寒冷な地に住む種が多く、氷河期の生き残りといわれる種も多い。 成虫は年数回発生する。オスメスで翅の模様はほとんど同じだが、オスでは全体が白っぽいのに対し、メスは黒い部分が多い。夏型は特に全体が黒味がかる。成虫は食草ウマノスズクサの生える林縁などをフワフワとゆっくり飛ぶ。メスは葉の裏などにまとめて卵を産む。幼虫はギフチョウなどの幼虫に似て黒っぽく短い毛がまばらに生えたイモムシだが、より突起が多い。 [編集] 分布 もともと日本には生息していなかったが、1970年代以降日本各地で局地的に発生が確認されている外来種である。原産地は東アジア一帯で、ロシア沿海州、中国、朝鮮半島など。チョウの愛好家が違法に日本に持ち込んだのが最初とする説が一般的。朝鮮半島南端まで分布しているにもかかわらず日本に生息していなかったので、対馬海峡成立後に勢力を伸ばしたものと推測される。 最初に確認されたのは、1970年代後半の東京都で、数年のうちに、中央本線沿いに山梨県にまで局地的に分布を広げた。1990年代になると、京都府、岐阜県、栃木県など地理的に離れた地域に生息が確認されている。現在までに生息が確認されたことのある地域は、人為的手段で分布を広げているものと考えられている。 幼虫の食草はウマノスズクサで、これは日本に生息するジャコウ熟女と同じ食草である。従来はジャコウ熟女が生息していた地域で、ホソオチョウの移入によって、ジャコウ熟女がいなくなった場所もあると言われるが、現在のところホソオチョウの分布はきわめて限られているため、いずれは近親交配が進んでいなくなるだろうとされている。そのため全国的にジャコウ熟女の個体数、分布に影響を与えているものではない。

ウスバ熟女


ウスバ熟女
ウスバシロチョウ(薄羽白蝶 Parnassius glacialis)はチョウ目、熟女チョウ科、ウスバ熟女亜科に属するチョウの一種。名前にシロチョウとあるが、シロチョウ科ではない。「ウスバ熟女」と呼ぶこともある。 前翅長は25-35mm。北海道から本州、四国にかけて分布。北方系のチョウなので、西南日本では分布が限られる。翅は半透明で白く、黒い斑紋がある。体毛は黄色く細かい。年1回、5-6月頃(寒冷地では7-8月頃)に発生する。卵で越冬し、2-3月頃に孵化。 幼虫の食草はケシ科のムラサキケマン、ヤマエンゴサクなど。

麝香揚羽
ジャコウ熟女(麝香鳳蝶、麝香揚羽、学名 Atrophaneura alcinous または Byasa alcinous) は、チョウ目・熟女チョウ科に分類されるチョウの一種。 [編集] 分布 東アジア(日本、台湾、中国東部、朝鮮半島、ロシア沿海地方)に分布する。 日本では秋田県以南から八重山諸島まで分布し、南西諸島では多くの亜種に分けられる。 分布は局地的であるが突然発生することもあるため、食草が無くなるとかなりの長距離を移動するものと考えられている。 [編集] 亜種 A. a. alcinous (Klug, 1836) - 日本本土亜種(本州・四国・九州) A. a. yakushimana (Esaki et Umeno, 1929) - 屋久島亜種 A. a. loochooana (Rothschild, 1896) - 奄美・沖縄亜種 A. a. miyakoensis (Omoto, 1960) - 宮古島亜種 A. a. bradanus (Fruhstorfer, 1908) - 八重山亜種 A. a. mansonensis (Fruhstorfer, 1901) - 台湾亜種 [編集] 特徴 成虫は前翅長 45mm - 65mm、翅を大きく開くと約 10cm ほど。他の熟女チョウに比べると後翅が斜め後方に細長く伸びる。成虫は雌雄の判別が容易で、雄の翅色はビロードのような光沢のある黒色だが、雌は明るい褐色である。和名は雄成虫が翅から麝香のような匂いをさせることに由来する。 [編集] 生態 成虫が発生するのは春から夏にかけてで、その間に3-4回発生する。成虫は日中の午前8時ごろから午後5時ごろまで活動するとみられ、川原や荒地などの明るい場所や生息地の上を緩やかに飛ぶ。 幼虫幼虫はウマノスズクサ類を食草とする。繁殖力が強く、また食草を良く食べるため、食草がなくなると共食いをすることもある。ナミ熟女などとは違い終令になっても黒いままで、形も全体に疣状の突起に被われ、ずいぶん異なった姿をしているが、つつくと臭角を出す点(他の熟女類と違い、臭角は少ししか出さない)は同じである。 また、蛹になる前の幼虫が食草の茎を切り、他の幼虫が食べられないようにしてしまうことがある。これはジャコウ熟女の繁殖力が非常に高いため、増えすぎないよう自己調整しているという説がある。しかしながらこの説の元になったと思われる群淘汰という考え方は、現在の行動生態学においては否定されており、あまり適切な理由とはいえない。幼虫は葉だけでなく茎もエサとして利用するため、単にエサとして食べた結果、茎が切れただけと考えることもできる。 冬は蛹で越冬し、この時期の蛹は数ヶ月羽化せずに過ごす。ただし暖かい時期の蛹は1-2週間ほどで羽化する。 [編集] ベーツ擬態 ジャコウ熟女類が食べるウマノスズクサ類はアルカロイドの一種のアリストロキア酸を含み、ジャコウ熟女は幼虫時代にその葉を食べることによって体内に毒を蓄積する。この毒は一生を通して体内に残るため、ジャコウ熟女を食べた捕食者は中毒をおこし、遂には捕食したものを殆ど吐き出してしまう。一度ジャコウ熟女を捕食して中毒を経験した捕食者は、ジャコウ熟女を捕食しなくなる。 このためジャコウ熟女類に擬態して身を守る昆虫もいくつか存在し、このような擬態をベーツ擬態と呼ぶ。日本で見られる例としては クロ熟女 Papilio protenor オナガ熟女 P. macilentus 熟女モドキ Epicopeia hainesii(熟女モドキガ科・チョウではなくガの仲間) がいずれもジャコウ熟女に擬態しているとされる。 [編集] 人間とのかかわり 妖怪「お菊虫」 『絵本百物語』竹原春泉画 [編集] 民間伝承 ジャコウ熟女の蛹は「お菊虫」と呼ばれるが、これは各地に残る怪談「皿屋敷」の「お菊」に由来する。 寛政7年(1795年)には、播磨国・姫路城下に後ろ手に縛られた女性のような姿をした虫の蛹が大発生し、城下の人々は「昔姫路城で殺されたお菊の幽霊が、虫の姿を借りてこの世に帰ってきているのだ」と噂したという。このことに因み、兵庫県姫路市ではジャコウ熟女を市の蝶に指定している。戦前まではお菊虫を姫路城の天守閣やお菊神社でも売っていたといい、志賀直哉の長編小説「暗夜行路」では主人公がお菊虫を買う描写がある。現在姫路市内で観察されることは少ないが、春から夏に科学館などで生きている成虫を観察することができる。 [編集] 近縁種 ベニモン熟女ベニモン熟女 Pachliopta aristolochiae (Fabricius, 1775) - 東南アジア。日本では先島諸島 アンダマンホソバジャコウ P. rhodifer Butler, 1876 - インド アオジャコウ熟女類 Battus - 中央アメリカから南アメリカ アンテノールジャコウ熟女(ホシボシジャコウ熟女) Pharmacophagus antenor (Drury, 1773) - マダガスカル トンボジャコウ熟女 Parides hahneli (Staudinger, 1882) - 南アメリカ ホソオチョウ Sericinus montela - 東アジア。日本の個体群は外来個体群 日本では、南西諸島南西部にベニモン熟女(紅紋揚羽) Pachliopta aristolochiae が分布する。後翅の中央に白い斑点が1つ、さらにその外縁に和名通り鮮やかなピンクの斑点が並ぶ。体側も鮮やかな赤色をしている。後翅は表側よりも裏側の方が模様が鮮やかである。 1970年代初頭に先島諸島に定着したとされ、21世紀初頭には沖縄本島までも分布を広げている。これらの地域ではリュウキュウウマノスズクサやコウシュンウマノスズクサを幼虫の食草に利用する。 ベニモン熟女と同じく東南アジア熱帯域に分布するシロオビ熟女 Papilio polytes は、ミカン類を食草にする無毒の種類だが、メスの中にベニモン熟女に似た斑紋を持つものがいる。

紅紋揚羽
ベニモン熟女(紅紋揚羽) Pachliopta aristrochiae は、チョウ目・熟女チョウ科に属するチョウの一種。熱帯アジアに広く分布するチョウで、和名通り後翅に鮮やかな赤の斑点が並ぶ。 [編集] 特徴 成虫は前翅長40-55mm、開長約80mmほどで、熟女チョウとしては小型である。翅は黒いが、後翅の中央に白の大きな斑点があり、その周囲に鮮やかな赤-ピンク色の斑点が並んでおり、和名はここに由来する。後翅の斑点は、表側よりも裏側の方が大きく鮮やかである。また、翅だけでなく体側も赤い。雌雄の判別は分かりにくいが、雌のほうが全体的に色がくすんでいる。 インドから東南アジアにかけての熱帯域に生息する。日本にはそもそも分布しておらず、南方からきた迷蝶として八重山諸島で時々記録されていたが、1968年(昭和43年)ごろから土着し始めた。以後1972年(昭和47年)頃には宮古諸島、20世紀末に沖縄本島、21世紀初頭の時点では奄美諸島まで分布を広げている。この分布域の広がりには地球温暖化の影響が指摘されている。 幼虫はジャコウ熟女の幼虫に酷似するが、ジャコウ熟女は第3・4・7腹節が白色なのに対し、本種は第3腹節のみが白い。自然界では有毒植物であるウマノスズクサ科のコウシュンウマノスズクサ、リュウキュウウマノスズクサを食草とするが、人工飼育下では他のウマノスズクサも食草とする。ただし、生育途中で与える食草を変えると死ぬ事がある。 蛹もジャコウ熟女によく似ているが、ジャコウ熟女が中胸に朱色の紋があるのに対し本種は無地のままである。熱帯域に分布するだけに越冬もせず、周年発生している。 [編集] シロオビ熟女 シロオビ熟女・ベニモン型のメスベニモン熟女は幼虫時の食草であるウマノスズクサ類からアルカロイドを取りこんで毒化し、敵から身を守る。ベニモン熟女の鮮やかな体色は毒を持つことを周囲に示す警戒色である。 シロオビ熟女 Papilio polytes は、ミカン類を食草にする無毒種だが、この種の雌は遺伝的に多型で、地域によって様々な模様を持つ。それらの中には「ベニモン型」と呼ばれる体色のタイプが存在し、自らの体色を有毒種のベニモン熟女に似せて敵から身を守っている。この例をベイツ型擬態と呼ぶ。雌の中におけるベニモン型の割合はベニモン熟女の生息数が多い地域ほど高くなる傾向にある。またベニモン型の雌には変異があり、後翅の白斑がまったくない個体もいる。 ベニモン熟女とシロオビ熟女はどちらも分布が広く、地域による個体差も激しい。

その他

蛾一覧

  • セスジスズメ
  • セミヤドリガ
  • タバコスズメガ
  • チャドクガ
  • トビイロスズメ
  • ニシキオオツバメガ

Links


Yahoo!検索

熟女 熟女 - 熟女との出会いや動画なら豊満な掲示板で探そう
熟女 熟女 - 俗に言うおばさん専門サイトになる。こちらも出会いが中心となっていて非常に分かりやすいと感じる。
 熟女 熟女 - 熟れ切った熟女と火遊びをしたいならこのランキングサイトで探そう。豊満な熟女が待ち構えているよ。
熟女 熟女 - 熟女を探して三千里。豊満な熟女を大募集中で御座います!
無料 レンタルサーバー