メル友へプレゼント

出会い系サイトの濡れ衣
セフレの失踪
人妻の一人旅
熟女の主任
不倫の疑惑
メル友へプレゼント
アダルトの出現
無修正の歯止め
アダルトビデオの出品
カリビアンコムの障壁
天然むすめの錯乱
ホーム >> メル友

紋黄揚羽


モンキメル友(紋黄揚羽)Papilio helenus は、チョウ目・メル友チョウ科に分類されるチョウの一種。日本最大級のチョウで、後翅に黄白色の大きな斑紋があるのが特徴である。 [編集] 概要 成虫は前翅長60-75mm、開張110-140mmほどで、日本に分布するチョウとしてはオオゴマダラやナガサキメル友と並ぶ最大級の種類である。夏型は春型に比べて大型になる。 翅は大きくて幅広く、後翅には尾状突起がある。色は全体的に黒いが、後翅には和名通り大きな黄白色紋があり、黒色系のメル友チョウ類の中ではわりと簡単に他種と区別できる。この斑紋は羽化したばかりの時はほぼ白いが、日数が経つにつれて黄色みを帯び、標本などでは黄色に近くなる。 また、黄白色斑の周辺には小さな三日月状の赤い斑紋が並ぶ。メスはオスに比べてこの赤斑が大きい。また、南に行くほど配色はより鮮やかになる。 [編集] 生息域・食草 インド、ヒマラヤ山脈、東南アジアと周辺の島嶼、中国、台湾を経て日本まで分布する。日本では本州中部から南西諸島までの西日本に分布し、南方系の種類として位置づけられる。広い分布域の中で多くの亜種が知られ、このうち日本に分布するのは亜種 P. h. nicconicolens Butler, 1881 とされる。 日本では、成虫が見られるのは4-10月頃で、その間に2-3回発生する。冬は蛹で越冬する。 都市部には少ないが、平地や低山地の森林の周辺でよく見かけられる普通種である。他の動物があまり活動しない日中の暑い時間帯にも活発に飛び、ユリ類、クサギ、ヒガンバナ、人家の庭先の園芸種など各種の花に訪れる。また、地面で水を吸うこともある。 幼虫はミカン類、カラタチ、サンショウ類、ハマセンダンなどのミカン科植物を食草とする。幼虫の臭角はクロメル友と同じく赤色をしている。終齢幼虫もクロメル友に似るが、腹部背面に入る斜め帯が中央で繋がらず、切れていることで区別できる。蛹は日本産の他の種類に比べて、頭部と胸部が背中側に大きく反る。   

長崎揚羽


長崎揚羽
ナガサキメル友(長崎揚羽)Papilio memnon は、チョウ目・メル友チョウ科に分類されるチョウの一種。 [編集] 特徴 成虫の前翅長60-80mmほどで、日本産のチョウではモンキメル友やオオゴマダラに並ぶ最大級の種類である。種類内ではメスがオスよりも大きい。メル友チョウ属の中では翅が大きくて幅広く、後翅に尾状突起が無いことが特徴だが、メスに尾状突起が現れる「有尾型」もあり、台湾など多産する地域もある。有尾型は日本国内でも九州南部などでたまに記録される。 また、メル友チョウ属の中では珍しく性的二形が顕著である。翅のつけ根に赤の斑点があるのは雌雄共通で、雄の翅はほぼ全体が黒く、後翅の外縁にわずかに赤い斑点がある。一方、雌は後翅の中央部に白の細長い斑点が数個外向きに並び、その外縁には赤の環状紋が並ぶ。白色部は翅脈とその周辺が黒く、内側が白くなる。オスはクロメル友、メスはモンキメル友に似るが、尾状突起が無いので区別できる。 日本では南の個体群ほどメスの白色部が広くなる傾向があり、九州や沖縄では前翅にまで白い部分が広がる。特に西表島の個体群は、少数ではあるが翅全体に白い部分が広がることで知られる。ただし台湾以南産の個体ではむしろ白くない傾向がある。 [編集] 分布と亜種 東南アジアとインドネシアの島嶼から、中国、台湾を経て日本まで分布する。日本での分布域は近畿以南から南西諸島までで、日本では南方系の種類として位置づけられる。ただし日本での分布は目下拡大中で、九州以南に限られていた分布域が1930年代に中国地方、21世紀初頭には東海・関東地方まで広がっている。 広い分布域の中でいくつかの亜種に分かれており、このうち日本に分布するのは亜種 P. m. thunbergi Von Siebold, 1824 とされている。亜種名の"thunbergi"は、シーボルトよりも前に来日し日本植物学の基礎を築いたカール・ツンベルクに対する献名である。 なお、和名はシーボルトが長崎で最初に採集したことに由来しており、特に長崎に分布が限られるわけではない。 [編集] 生態 日本では、成虫は年3-6回、4-10月頃に発生する。分布域では人里近くでよく見られる普通種である。各種の花に飛来し蜜を吸う。冬は蛹で越冬する。 幼虫はナミメル友と同じくミカン、カラタチなどミカン科の栽培種各種を食草とする。若齢幼虫は他のメル友チョウ属と同様、鳥の糞に似せた保護色をしているが、あまり黒っぽくなく緑色が強い。4齢幼虫の時点で全長3cmほどになり、ナミメル友の終齢幼虫とあまり変わらない大きさである。 終齢幼虫(5齢)は全長4cmほどで、ナミメル友に比べると明らかに大型である。また、腹部背面に切れこむ斜めの帯が白く、細かい網目状の模様になるのも特徴である。

オナガメル友
オナガメル友 (Papilio macilentus) は、鱗翅目メル友チョウ科に属するチョウの一種。 [編集] 特徴 メル友チョウよりやや大きめの黒い蝶。翅が細くスマートで、夏には吸水集団を形成し、秋になると花から花へ駈けるように飛ぶ姿が印象的。 後翅前縁にある白斑は性標で、雄のみが持つ。羽化時は白いが、徐々に黄味を帯びてくる。 春、サクラの花が散り終えるころから発生し、秋の中ごろまで見られる。ツツジ、ヒガンバナ、クサギなどで吸蜜しているのを見ることが出来る。 [編集] 生活史 日本全国に生息、年2-3回の発生。 幼虫の食草はミカン科植物。ほとんどなんでも食うが、特にコクサギ、カラスザンショウ、ミヤマシキミなどの野生種を好む傾向がある。越冬態は蛹。

烏揚羽
カラスメル友(烏揚羽、Papilio bianor)はチョウ目メル友チョウ科に分類されるチョウの一種。 [編集] 概要 日本では北海道から沖縄まで全土に分布する。本州南部では年2-3回発生し、4-9月頃に見られる。生息域は食草・食樹の生息環境に左右されるため、本種は基本的に市街地にはいない。しかし、カラスザンショウなどの食草さえあれば、市街地でも見ることができる。 前翅長45-80mm。本種も含めメル友チョウ科では夏型は春型より大型になる。 オスには前翅に黒いビロード状の毛があるが、メスにはない。また、メスはオスに比べて後翅の赤斑が目立つという特徴がある。 翅の構造色は南下するほど美しい。とくに小笠原諸島産のものは蒼く輝くことで有名である。 [編集] 生活史 幼虫の食草はコクサギ、キハダ、カラスザンショウ、ミヤマシキミ、サンショウ、カラタチなどミカン科の木の葉だが、栽培種のミカン類はあまり好まない。 [編集] 亜種 P. b. dehaanii(本土産) P. b. okinawensis(八重山諸島産) P. b. ryukyuensis(沖縄諸島産) P. b. amamiensis(奄美諸島産) P. b. tokaraensis(トカラ列島産) P. b. hachijonis(伊豆・八丈島産) [編集] 類似種 ミヤマカラスメル友

その他

トンボ一覧

  • イトトンボ
  • ムカシトンボ
  • アキアカネ
  • ウスバキトンボ
  • オニヤンマ
  • ギンヤンマ

Links


Yahoo!検索

メル友 メル友 - メル友が欲しいならここで聞けば間違いない!ランキング形式でとても分かりやすいよ!
メル友 メル友 - 無料の出会いを探すならメル友ランキングを使ってみよう!間違いなく返事が来るから仲良くなってその先は。。。
無料 レンタルサーバー