アダルトの出現

出会い系サイトの濡れ衣
セフレの失踪
人妻の一人旅
熟女の主任
不倫の疑惑
メル友へプレゼント
アダルトの出現
無修正の歯止め
アダルトビデオの出品
カリビアンコムの障壁
天然むすめの錯乱
ホーム >> アダルト

青条揚羽


アオスジアダルト(青条揚羽・学名 Graphium sarpedon)は、チョウ目・アダルトチョウ科に分類されるチョウの一種。 [編集] 生息地 東アジア、東南アジア、オーストラリア北部の広い範囲に生息し、15の亜種に分かれる。 日本では ssp.nipponum Fruhstorfer, 1903 が本州以南に分布するが、南方を起源とするチョウなので、本州中部以北ではそれほど多くなく、東北地方南部あたりが北限とされており、北海道にはいない。 なお、この亜種は日本のほか朝鮮半島にも分布する。 出現期は5-10月。成虫は年3-4回発生する。成虫の前翅長は 30-45mm ほど。都市周辺でもよく見られ、公園、照葉樹林、街路樹などに生息する。 [編集] 特徴 翅は黒色で、前翅と後翅に青緑色の帯が貫いている。この帯には鱗粉がなく、鮮やかなパステルカラーに透き通っている。翅斑は雌雄ともによく似ているため、雌雄の同定は生殖器で判断するのがよい。 飛び方は敏捷で飛翔力が高く、樹木や花のまわりをめまぐるしく飛び回っていることが多い。 アダルトチョウ類には珍しく、静止時に翅を閉じて止まる。 幼虫の食草はクスノキ科植物の葉である。越冬態は蛹。一般のアダルトと違い、幹ではなく葉に蛹を形成する。雄は初夏から夏にかけて水辺に吸水集団を形成する。 ちなみに、青帯をまったく欠く変異個体が発見されたことがある。 [編集] アオスジアダルト属 ウィキスピーシーズにアオスジアダルト属に関する情報があります。アオスジアダルト属は東南アジアを中心に分布しており、5 の亜属に分かれ、主に次の種が属する。 [1] Graphium 亜属 タイワンタイマイ Graphium cloanthus Westwood, 1841 コドルスタイマイ Graphium codrus codrus Cramer オナガクロタイマイ Graphium empedovana Corbet, 1941 ミロンタイマイ Graphium milon Felder & Felder, 1864 アオスジアダルト Graphium sarpedon セラムタイマイ Graphium stressmanni Rothschild, 1916 ミイロタイマイ Graphium weiskei Ribbe, 1900 コモンタイマイ Graphium agamemnon Linnaeus, 1758 ミカドアダルト Graphium doson C.Felder & R.Fedler. 1864 Arisbe 亜属 オナガコモンタイマイ Graphium antheus Cramer, 1779 コオナガコモンタイマイ Graphium policenes Cramer, 1775 アフリカマダラタイマイ Graphium leonidas Fabricius, 1793 Graphium adamastor Boisduval, 1836 アガメデスタイマイ Graphium agamedes Westwood, 1842 アカネタイマイ Graphium pylades ベニモンタイマイ Graphium ridleyanus White, 1843 Paranticopsis 亜属 Pathysa 亜属 アゲテスオナガタイマイ Graphium agetes Westwood, 1841 オオオナガタイマイ Graphium androcles Boisduval, 1836 ゴマダラタイマイ Graphium delesserti palawanus Guerin Graphium deucalion Boisduval, 1836 シロマダラタイマイ Graphium encelades Boisduval, 1836 Pazala 亜属

ミカドアダルト


ミカドアダルト
ミカドアダルト(Graphium doson)は、チョウ目アダルトチョウ科に分類されるチョウのひとつ。 [編集] 概要 日本国内では対馬および屋久島以南の島嶼、九州全域と香川県を除く四国、本州の一部(山口県内、広島市内、紀伊半島南端)に、国外では中国南部、インドシナ半島、ミャンマー、インド、フィリピン群島、インドネシアのボルネオ島、スマトラ島、ジャワ島に分布する。 アオスジアダルトに似るが、翅を縦に貫く青帯が不連続でまばらであることで区別可能であり、色彩的にも同種の青帯が通常水色よりやや緑がかっているのに対し、本種のそれはかなり薄いことから区別できる。ただし、南西諸島産亜種のそれはアオスジアダルトに近い色調になるので若干注意が必要となる。一方で屋久島産亜種は青みが全く抜けてクリーム色に近い。なお大きさも同種よりも少し大きいため、少し慣れれば飛翔中であっても判別できる。 分布が局所的で、変異種が多く国外産も含めると全部で14亜種に分けられる。とくによく言われるのは「赤斑型」と「黄斑型」である。この二種も住み分けており、微妙に生息域が異なる。ただし四国の太平洋岸のようにこれらが混成している地域もある。 飛び方やプロポーションはアダルトチョウ科他種のそれから逸脱しておらず、特筆すべき事項はない。 [編集] 生活史 幼虫の食草はオガタマノキ。蛹で越冬する。成虫は初夏から初秋まで見られる。 [編集] 人間との関わり 高知市内の3ヶ所(潮江天満宮境内・要法寺境内・潮江中学校校庭)の本種生息地が高知市のミカドアダルトおよびその生息地として国の特別天然記念物に指定されているため、高知市内では原則本種の採集はできない。なお、昆虫の天然記念物で特別指定を受けているのは、ここと滋賀県山東町の長岡のゲンジボタルおよびその発生地の2ヶ所だけで、チョウ目としては唯一となる。 であるが、これは指定された当時(天然記念物指定が昭和18年で、昭和29年に特別天然記念物に昇格)、本種の生態や分布がよくわかっておらず、同地が分布の北限と考えられたからであり、その後各地で発見が相次いで同地が北限でないことがわかった現在、この天然記念物指定は意味をなしていない、との声もある。 本種の和名は当初命名された学名 Papilio mikado に由来するが、この学名の命名由来については諸説囁かれており、どれが正しいかは定かではない。

鳥翅揚羽
トリバネチョウ(鳥翅蝶)、またはトリバネアダルト(鳥翅揚羽)は大型の熱帯性アダルトチョウ。 [編集] 分類 通例ではジャコウアダルト族下のアカエリトリバネアダルト属 Trogonoptera、およびトリバネアダルト属 Ornithopteraに分類される熱帯性の大型で美麗なチョウ各種を指す。しかし今日では同族下のキシタアダルト属 Troides まで含めることが多い。属以下の分類は混乱しており、研究者により属がさらに細分化されたり、1属に含まれる種数も専門家により10-30などと様々に変化する。 [編集] 分布 属により分布が異なる。トリバネアダルト属はインドネシアとニューギニアが主産地で、特にニューギニアは美麗種の宝庫である。またごく一部がオーストラリア北部の熱帯域に産する。キシタアダルト属はもっとも分布域が広く、インドネシアを中心として東南アジア全域に広く分布し、北は台湾まで、西は1種のみであるがインドにも産する。アカエリトリバネアダルト属はマレー半島、インドネシアのボルネオ島、スマトラ島に産する。各種ごとの分布は局所的であり、ニューギニアでは峰が、インドネシアでは島が変わるとそこに産する種も変わる。 その一方で種間で容易に交雑し、野生下でも種間雑種を産する。また飼育家の手により、多数のトリバネアダルト属とキシタアダルト属の属間雑種が産まれていることから、両属が進化の系統上で極めて近い関係にあることが示されている。 [編集] 形態 どの種も例外なく大型のチョウであり、世界最大とされるアレキサンドラトリバネアダルト Ornithoptera alexandrae [1]になると胴長が最大 76mm 、開翅長は 280mm にもなる。細身の前翅は先端が鋭角状に狭まり、前後翅ともに緑、黄、黒、クリーム色がかった白が載るが、トリバネアダルト属には稀にオレンジや青といった色を呈する種がいる。どの種もアダルトチョウ科の特徴である後翅の尾状突起を欠く[2]。 [編集] キシタアダルト属 性的二形を示すが、トリバネアダルトほど顕著ではない。前翅の表側は漆黒もしくは茶色で、トリバネアダルトのような原色はふつう載らない。翅脈に沿った部分はしばしば灰色からクリーム色がかり、後翅のほぼ中央には大きな黄色い紋を呈する部分がある。メスはここがオスに較べて小さく地味になる。本属の1種、フィリピンキシタアダルトTroides rhadamathus は臀脈(A2及びA3)[3]上と触角に温度感知器を有していることが判明しており、触角にはそれに加えて空中の湿気を検知する湿度受容器も備わっている。これらは錐状感覚器として知られる。温度感知器は気温の激変に敏感であり、体温調節と太陽光を浴びたときの熱射を阻止していると考えられている。 [編集] トリバネアダルト属 性的二形の性格が特に強く、どの種もメスがオスより開翅長で 1.2 - 1.5 倍程度大きい。色はオスが原色を散りばめた派手な翅を持つのに対して、メスの翅は喪服に身をやつした西洋婦人のような黒と白のモノトーンでひどく地味であり、あまりの落差から雌雄別種とされていた時期もある。翅の形もかなり異なり、特にアレキサンドラトリバネアダルトやビクトリアトリバネアダルト O. victoriae のオスの翅は、前後翅とも紡錘形に近くなる。またオスの後翅が飛翔不可能になるまで小型化したヒレオトリバネアダルト O. meridionalis のような種もいる。 [編集] 翅色の構成 翅の色はパピリオクローム色素[4]によるものであるが、コウトウキシタアダルト Troides magellanus とたいへんな稀産種であるブルキシタアダルト Troides prattorumの2種の翅には見事な構造色が見られることで有名である。この2種を虫体背面後方からごく低い角度で眺めると、両種の後翅にある黄色を示す部分が青緑色の金属光沢を帯び、全体として真珠色に光り輝く。この煌く虹の輝きはモルフォチョウなど、他の構造色を示す蝶の鱗粉に見られる薄片(Lamella,ラメラ)構造ではなく、多層肋骨構造により光が回折して起きる現象であるとされている。 [編集] 生態 どの種も熱帯雨林をすみかとする。成虫のエサは林冠に咲く花やランタナなどの地生花の蜜で、これらの植物にとってこのチョウは重要な花粉媒介者でもある。強力な飛翔力を有しており、常に太陽光の当たる場所を求めて飛び回っているため、成虫を見る機会は少なく、わずかに森縁部で見かけることができる程度である。 繁殖は種によってそう変わらず、どの種もメスの役割は比較的受け身[5]である。オスは梢から梢をひらひらと飛びながら、メスの頭上 20-50cm の場所で、入念に翅を震わせながら、休むことなく求愛ダンスを踊り続ける。交尾後、メスはすぐに幼虫の食草を探し始める。食草はウマノスズクサ科 Aristolochiaceae のウマノスズクサ属 Aristolochia 及び同科のパラリストロキア属 Pararistolochia つる性植物で、メスはこれらのつる草を見つけるとその葉の先端に1葉あたり1個の割合で球形の卵を産み付ける。 幼虫は大食漢だがあまり移動しないので、ちょっとした数が群れると食草は丸坊主にされる。幼虫の過密が原因で、共食いになることもままある。幼虫の体色は暗赤色から茶色であり、背面には背骨上の突起がある。突起が正反対の目立つ色や、突起間の鞍部が青白い種もある。他のアダルトチョウ科の幼虫と同様に、トリバネチョウの幼虫も臭角と呼ばれる収納可能なヘビの舌のように二又になった器官がある。臭角はテルペン由来の化学物質を分泌し、幼虫が刺激を受けたときなどに放出される。幼虫は有毒なため、天敵にはエサとしての魅力があまりない。幼虫の食草であるウマノスズクサ科植物にはアリストロキン酸が含まれており、これはラットに対する発ガン性があることで知られる。幼虫は体内でアリストロキン酸を凝縮して、変態中のみならず成虫になった後もずっと毒として機能させる。 蛹は枯葉もしくは小枝に擬態する。蛹化の直前に、幼虫は食草から離れてさまよい歩くことがある。アレキサンドラトリバネアダルトでは、産卵から羽化までおおよそ四ヶ月かかり、捕食された場合などを除くと成虫になった後も三ヶ月ほど生きる。 [編集] 人間との関係 名のトリバネ(鳥翅、英名もBirdwingである)は、並外れた大きさと前方に向かって広がる翅、および鳥にも見紛う飛び方に由来する。発見当初、あまりの大きさから鳥と間違われ、散弾銃で打ち落とされた逸話はつとに有名である。しかし今日ではこの逸話の前段にある「鳥と見まちがえた」云々は誤っているとされる。後段の散弾銃を用いた捕獲は事実で、現に証拠も残っている。というのも当時、高い林冠部を高速で飛ぶ本種を捕獲するには他に方法がなかったためである。 トリバネアダルトは美しい翅と相当な大きさ、種間、亜種間、果ては個体間の変異の多様さ、入手の困難さなど、まさにコレクションの対象とされるにうってつけの条件を揃えており、高山性の Parnassius属(ウスバシロチョウ属)、南米産の Agrias 属(ミイロタテハ属)やモルフォチョウとあわせて、チョウの標本コレクション中の白眉とされる。発見当初から数多くのコレクターを抱えており、なかでも欧米の大富豪や貴族たちは、大金を注ぎ込んで互いの標本コレクションを競った。ダーウィンと同時期に進化論を唱えたイギリスの博物学者ウォレスはそうした富豪たちの需要にこたえ、生業としてトリバネチョウの採集人をしていたことがある。 また、トリバネアダルト属には著名な種が多いこともコレクターを刺激する重要な要素となっている。具体的には、チョウ目のみならず、現存する昆虫綱中の世界最大種であるアレキサンドラトリバネアダルト、それに次ぐ大きさのゴライアストリバネアダルト Ornithoptera goliath、オーストラリア最大の昆虫 O. (priamus) euphorion などである。19世紀のサラワク王国初代白人藩王(ラージャ)だったジェームズ・ブルック卿に献名された学名を有するアカエリトリバネアダルト Trogonoptera brookiana の名も広く知られている。 今世紀に入って、原産国の近代化に伴う急速な開発で生息地である熱帯雨林が破壊され、個体数が激減する。現在、アレキサンドラトリバネアダルトを除く全種が CITES 附属書Uに記載されている危急種もしくは希少種に認定され、アレキサンドラトリバネアダルトはさらに厳しい附属書Tに記載されており、ワシントン条約加盟各国間での商取引は規制されている。 しかし本種に魅せられたコレクターは未だに多く、標本一つに大金が動くので例外として飼育環境下において養殖され IFTA [6]の認可を得た個体の標本は取引が認められている。アレキサンドラトリバネアダルトのみは附属書Tに記載されているため、いかなる状況においても合法な商取引はできない。だが世界最大種という大看板を背負っており、十分な需要が見込める本種も認めるべきとの意見があるので 2006 年時の CITES 動物分科会において、この種は CITES 附属書Uへの掲載が適当だと勧告されている。 [編集] 種の一覧 ウィキスピーシーズにトリバネアダルト属 Ornithopteraに関する情報があります。ウィキスピーシーズにキシタアダルト属 Troidesに関する情報があります。基本的に外国産種であり、標準和名の付いていない種が大半であるため学名をアルファベット順に並べ、和名や英名の付いている種はその右にそれらを併記する。 [編集] アカエリトリバネアダルト属 Trogonoptera brookiana - アカエリトリバネアダルト Raja Brooke Trogonoptera trojana - パラワンアカエリトリバネアダルト [編集] キシタアダルト属 Troides aeacus - キシタアダルト 1995 年以降は八重山諸島で連続して記録がある。おそらく台湾から迷い込んだ個体と考えられており、トリバネチョウとしては日本国内で唯一の記録である。波照間島では一時的に繁殖までしたこともあったが、近親交配を重ねたことでこの個体群は消滅した模様である。 Troides amphrysus Troides andromache - ボルネオキシタアダルト Troides criton Troides cuneifera - クサビモンキシタアダルト Troides darsius Troides dohertyi Troides haliphron Troides helena Troides hypolitus - サビモンキシタアダルト Troides magellanus - コウトウキシタアダルト Troides minos - Southern Birdwing Troides miranda Troides oblongomaculatus - パプアキシタアダルト Troides plateni Troides plato Troides prattorum - ブルキシタアダルト 商業的に飼育されているが、本種のみ供給量が見合わないので非常に入手しづらくなっている。 Troides rhadamantus - フィリピンキシタアダルト Troides riedeli Troides staudingeri Troides vandepolli [編集] トリバネアダルト属 Ornithoptera aesacus - オビメガネトリバネアダルト モルッカ諸島のオビ島特産種で、20年以上昔はトリバネアダルト中の最珍奇種に数えられていた。現在は商業養殖されている。 Ornithoptera alexandrae - アレキサンドラトリバネアダルト Queen Alexandra's Birdwing チョウ目中ではむろんのこと、現存する昆虫のなかで世界最大の種とされている。 Ornithoptera croesus - アカメガネトリバネアダルト Ornithoptera chimaera - キメラトリバネアダルト Ornithoptera euphorion 稀にオスの翅色の緑色の部分が金色に変化した、じつに見ごたえのある変異個体が得られる。現在まで40ほどその例が知られおり、やはり変異型のメス親から生まれたと考えられている [1]。 Ornithoptera richmondia トリバネアダルト属中最小種。メガネトリバネアダルトの亜種とする研究者もいる。 Ornithoptera goliath - ゴライアストリバネアダルト Goliath Birdwing 2006年7月に台湾人のディーラーが本種の雌雄同体標本を 28,000 ドルで落札した。現時点におけるチョウ標本の世界最高価格である。散弾銃で打ち落としたメス標本が大英博物館に現存している。 Ornithoptera meridionalis - ヒレオトリバネアダルト Ornithoptera paradisea - ゴクラクトリバネアダルト 世界で最も美しいチョウと言われる。 Ornithoptera priamus - メガネトリバネアダルト、プリアムストリバネアダルト 現在まで膨大な数の亜種が確認されており、どうやらインドネシアの各島ごとに亜種が存在するようである。Ornithoptera aesacus、 Ornithoptera croesus、 Ornithoptera euphorion を本種の亜種の一つに数える研究者もいる。学名では種小名の priamus を略した表記がされるときがある。 Ornithoptera rothschildi - ロスチャイルドトリバネアダルト Rothschild's Birdwing Ornithoptera tithonus - チトヌストリバネアダルト Ornithoptera victoriae - ビクトリアトリバネアダルト 以下の2種は種間雑種と考えられており、現在は独立した種としては認められていない。 Ornithoptera akakeae ロスチャイルドトリバネアダルトとメガネトリバネアダルト(ポセイドン亜種) O. priamus poseidon の種間雑種。1頭のメス標本のみが知られている。 Ornithoptera allotei - ブーゲンビルトリバネアダルト、アロッティトリバネアダルト ビクトリアトリバネアダルトとメガネトリバネアダルト(ウルビレヌス亜種) O. priamus urvilleanus の種間雑種。本種はその稀少性において世界一と言われ、オス標本の価格は1頭につき 4,000 ポンド(7,000ドル、115円/ドルレートで 805,000 円)を下らない。野生下で捕獲された数は発見以降全てをあわせても10頭をようやく越える程度である。本種の両親はどちらもブーゲンビル島において普通に見られ、種間で容易に交雑するので商業的にもっとも有望な種であると言われる[7]。

白蝶
シロチョウ(白蝶)は、チョウ目・アダルトチョウ上科・シロチョウ科(Pieridae)に分類されるチョウの総称。 [編集] 概要 南極大陸以外の全ての大陸に分布し、1,000種類ほどが知られている。モンシロチョウやキチョウなどの、なじみ深いチョウも含まれる。 成虫の前翅長は2cm-6cm程度で、チョウ全体で見ると中型のグループである。成虫の翅は突起がないか、または少ない。翅の色は白や黄色がベースで、その上に黒や赤の模様が見られる。この模様は種類や性別によって異なる。ただしニューギニアを中心に分布するカザリシロチョウ類や、南アメリカに分布するベニオビシロチョウなど、黒をベースにした鮮やかな翅色の種類もいる。 成虫は翅を閉じて止まる。花にやって来て蜜を吸うが、地面に降り立って水分を吸う習性があるものも多い。 幼虫は褐色のケムシもいるが、緑色で細長いものがよく知られており、これらは俗にアオムシとよばれる。モンシロチョウなど、農作物に被害を与える害虫となるものもいる。また、ほとんどのシロチョウの幼虫は単独生活をするが、中にはミヤマシロチョウやカザリシロチョウ類のように、幼虫が糸を吐いてクモの網のような巣を作り、集団生活するものもいる。 蛹は帯蛹型で、尾部のカギ状突起と胸の部分の帯糸で上向きに自分の体を固定する。 [編集] 分類 シロチョウ科は4つの亜科に分けられる。なお、チョウの和名は最後の「〜チョウ」を省くのが普通だが、シロチョウは「〜チョウ」をつける。 コバネシロチョウ(トンボシロチョウ)亜科 Dismorphiinae(6属) ヒメシロチョウ属 Leptidea ヒメシロチョウ L. amurensisなど マルバネシロチョウ亜科 Pseudopontiinae(1属) シロチョウ亜科 Pierinae(55属) ミヤマシロチョウ属 Aporia ミヤマシロチョウ A. hippiaなど ツマキチョウ属 Anthocharis クモマツマキチョウ A. cardaminesなど ツマキチョウ A. scolymusなど カザリシロチョウ属 Delias ツマベニチョウ属 Hebomoia ツマベニチョウ H. glaucippeなど ベニオビシロチョウ属 Pereute ベニオビシロチョウ P. calliniraなど モンシロチョウ属 Pieris スジグロシロチョウ P. melete エゾスジグロシロチョウ P. napi モンシロチョウ P. rapaeなど モンキチョウ亜科 Coliadinae(14属) キチョウ属 Eurema キチョウ E. hecabe ツマグロキチョウ E. laeta キタキチョウ E. mandarinaなど ウラナミシロチョウ属 Catopsilia ウスキシロチョウ C. pomona ウラナミシロチョウ C. pyrantheなど モンキチョウ属 Colias モンキチョウ C. erateなど ヤマキチョウ属 Gonepteryx スジボソヤマキチョウ G. aspasia ヤマキチョウ G. rhamniなど ウスバシロチョウやウスバキチョウというチョウもおり、和名のとおりシロチョウによく似ているが、これらは現在アダルトチョウ科に分類されている。かつてはシロチョウ科に分類されていたが、シロチョウ科は脚の爪が二分するため、脚で見分けが付く。ただしジャノメチョウ科のクロコノマチョウとウスイロコノマチョウは例外で、爪が二分する。

その他

トンボ一覧

  • コシアキトンボ
  • サナエトンボ
  • シオカラトンボ
  • ショウジョウトンボ
  • タイリクアカネ
  • チョウトンボ

Links


Yahoo!検索

アクアリウム アクアリウム - もうレンタルビデオ屋さんにDVDやビデオを借りにいく必要はありません。初めて動画を見る方にわかりやすいように必要な(便利な)ツール、使い方から解説しています。
エロックスジャパン エロックスジャパン - 世にたくさんあるライブチャットサイトから女の子のレベル、利用料金、使いやすさを徹底比較しました。初めてライブチャットをする方にわかりやすいように使い方から解説しています。
くりーむれもん くりーむれもん - 有名美容外科で、美容整形の手術を受けようとする女性。全身麻酔で深い眠りについた彼女をエロ医者が、好き勝手に弄び、その上プライベートコレクションとして一部始終を撮影!そんな鬼畜なテープが流出したようです。→ サンプルはこちら
アキバ本舗 アキバ本舗 - SM…蝋燭、縄、鞭を使い、体を痛めつける。世の中を甘くみている女共(メス豚)を今ここで天罰を下す!!
極楽天 極楽天 - アダルト動画や画像とは女性又は男性の裸体を主に性を意識させるものを指す。男性が性業界の中心ではあるが最近では女性の進出も目立ち始めた。アダルトグッズにおいては女性の利用者の方が多いと言われている。主な目的は自慰行為の為に利用される。
ムービーガールズ ムービーガールズ - 借金返済の為AV出演。熟練のねっちょりフェラの後は騎乗位で攻め立て中出し。最後にチ●ポ2本もおまけでカップンチョ!
エロイカ エロイカ - 修正を施されていないもの、当サイトでは性器の描写にモザイクがかけられていないものを指す。通常、日本国内から配信されている画像及び動画にはモザイク等の処理がなされている。しかし当サイトのおすすめしているサイトは海外からの配信になる為日本法には該当しない。
アジアンエンジェル アジアンエンジェル - 掲示板の口コミや私の体験と利用率から判断しました。各社の無修正サンプル動画を見るだけでも度肝を抜かれます。
プラウディア プラウディア - 業界最安値の30日$39で安心安全にご利用いただけます。熟女、痴女、淫乱、素人妻、近親相姦、ハメ撮り、盗撮、アニメ...と、多彩なジャンルでご用意しております。若妻から、三十路、四十路、五十路まで豊富に揃った、人妻・熟女が一年365日毎日更新。そしてここでしか見れない独占動画もございますのでどうぞ「万華鏡」でお楽しみください。
ポルノワールド ポルノワールド - レズ(どうせいあい)とは、男性同士または女性同士の間での親愛や性愛。また、その性的指向を含めた、性愛のみに限定されない広義のライフスタイルを指す。レズの性質を持っている人のことをレズ者、英語でホモセクシュアル(homosexual)という。ホモという略語には侮蔑のニュアンスが含まれるため、レズ者自身が使用することはあまりない。
エキゾティカ エキゾティカ - 数学、科学におけるホモ(homo-)は、「同じ」「等価」の意を示す接頭語。数学用語では、ホモロジー・ホモトピー・homogeneous(斉次)・homomorphism(準同型)などがある。ただし、これらはどれもホモと略することはない。
Hな0930 Hな0930 - 宝物・財宝を指す。 宝を参照。 「希少な」「貴重な」という意味で「お宝」という言葉を使うことがある。(例「お宝カード」「お宝情報」「お宝動画」など)
無料 レンタルサーバー