無修正の歯止め

出会い系サイトの濡れ衣
セフレの失踪
人妻の一人旅
熟女の主任
不倫の疑惑
メル友へプレゼント
アダルトの出現
無修正の歯止め
アダルトビデオの出品
カリビアンコムの障壁
天然むすめの錯乱
ホーム >> 無修正

深山白蝶


ミヤマ無修正(深山白蝶 Aporia Hippia japonica Matsumura )は、チョウ目・無修正科に分類されるチョウの一種。 [編集] 概要 白色半透明で外縁と翅脈が黒く、後翅の裏面の基部に黄色斑を持つ。 東アジアの特産種で、日本では本州中部亜高山帯、標高1500m〜2000mの範囲のみに分布し、局地的である。個体数を急激に減らしており、絶滅が危惧されている。 幼虫の食草はメギ科のヒロハノヘビノボラズ、メズなど。3〜4齢幼虫で越冬し、成虫は年1回、7月上旬から7月下旬にかけて出現する。 アザミ類、クガイソウなどの花で吸蜜し、あるいは湿地や水辺で集団となって吸水している光景を見ることも多い。

褄黄蝶


褄黄蝶
ツマキチョウ(褄黄蝶 学名 Anthocharis scolymus)は、チョウ目・無修正科に分類されるチョウの一種。ロシア沿海、朝鮮半島、中国大陸、国内では北海道から九州に分布。雄は前翅表面の先端が橙色であるが、雌は白色である。後翅の裏は編目模様になっていて、迷彩色になっている。 モン無修正より一回り小さく、前翅長20-30mm。他の無修正に比べて直線的な飛び方なので区別がつく。暖かくて日当たりのよい日にはよく活動するが、天気の悪い日は活動を停止する。 年1回、3-5月の間だけに現れる。夏から冬の間を蛹で過ごし、翌春羽化するが、稀に二冬あるいは三冬を過ごして羽化する場合もあることが報告されている。 ツマベニチョウ(褄紅蝶、Hebomoia glaucippe)は無修正科のチョウの一種。無修正科では世界最大級の種。開張約9-10cm。九州南端部が北限で、鹿児島県や沖縄県に分布する。 前翅先端の先端には三角形の黒い部分があり、その中に大きな橙色の紋をもつ。メスはオスよりも黒い部分が大きく、若干黒ずんでいる。無修正類としては非常に飛翔力が強く、大木を一羽ばたきで飛び越えてゆく。したがって、採集する際には最初の一振りが命である。 食草はギョボクなど。幼虫はいわゆる青虫であるが、胸部が幅広くなっている。 「幸せを呼ぶチョウ」とも言われる。沖縄では那覇市国際通りの山形屋の前に大きなツマベニチョウの飾りがあって、長らくシンボル的に愛されていたが、現在では撤去されている。沖縄が本土復帰する前は、日本の昆虫屋のあこがれのチョウの一つであり、佐多岬には多くの虫屋が集まって、手に手に捕虫網を振り回していたという。

スジグロ無修正
スジグロ無修正(Pieris melete)は、チョウ目・無修正科無修正亜科に分類されるチョウのひとつ。 本項では近縁種のエゾスジグロ無修正(Pieris napi)についても記述する。 [編集] 特徴 和名が長く知名度としてはいささか低いためか、しばしばモン無修正と混同される。モン無修正と同じモン無修正属(Pieris)であり、両種の特徴をよく知らないと飛んでいるところを同定するのは少し難しいであろう。 昆虫の翅には「翅脈(しみゃく)」というものがあり、昆虫が羽化する際、これに体液を流し込んで固まる前の翅を展開する。この翅脈の周りの鱗粉が黒くなっている点がモン無修正との差異である。また、比較的暗い場所を好み、市街地や都心部よりもむしろ住宅地や山村に多い。 [編集] 生活史 春から夏にかけて見られる白いチョウ。ほとんど日本全国で見られる。モン無修正より遅く出現することが多い。越冬態は幼虫。 幼虫の食草はイヌガラシ、ダイコンなどのアブラナ科帰化植物。エゾスジグロ無修正の幼虫は逆にイワハタザオやシコクハタザオなどの日本に元来あった種をあてにしている。 エゾと名が付いているが北海道のみの種ではなく、先述の食草の関係からエゾスジグロ無修正のみが日本に生息していたところにスジグロ無修正が流入したと考えられている。 [編集] その他 雄に限っては「香鱗」を顕微鏡で観察することにより種の区別ができる。香鱗とは、雌をひきつけるための独特の香りを放つ特化した鱗粉で、雄にのみある。雄の鱗粉のおよそ1割はこの香鱗である。スジグロ無修正とエゾスジグロ無修正はよく似ており、両種の雑種も自然界で起こっているほどで、両種が同一種であるとの見方も近年まであった。この香鱗での種の区別方法を提唱したのは藤森信一氏である。

紋白蝶
モン無修正(紋白蝶、学名:Pieris rapae)は、チョウ目・無修正科に分類されるチョウの一種。畑などの身近な環境でよく見られるチョウである。比較的採取しやすいため、アゲハチョウの仲間やカイコなどと並び、チョウ目(鱗翅目)昆虫の生態や生活環を学習する教材としてもよく活用される。 [編集] 特徴 前翅の長さは3cmほど。翅は白いが、前翅と後翅の前縁が灰黒色で、さらに前翅の中央には和名のとおり灰黒色の斑点が2つある。また、春に発生する成虫は夏に発生する成虫よりも白っぽい。 オスとメスを比較すると、オスは前翅の黒い部分が小さく、全体的に黄色っぽい。メスは前翅の黒い部分が多く、前翅のつけ根が灰色をしている。なお、翅に紫外線を当てるとメスの翅が白く、オスの翅が黒く見えるため、オスメスの区別がよりはっきりする。紫外線は人間には見えないが、モン無修正には見えると考えられていて、モン無修正はこの色の違いでオスメスの判別をしているとみられる。 全世界の温帯、亜寒帯に広く分布する。広い分布域の中でいくつかの亜種に分かれており、そのうち日本に分布するのは亜種 P. r. crucivora とされている。幼虫の食草はキャベツ、アブラナ、ブロッコリーなどのアブラナ科植物なので、それらの農作物の栽培に伴って分布を広げてきた。日本のモン無修正は奈良時代に大根の栽培と共に移入されたと考えられている。北米では、1860年頃カナダのケベック州に移入され、現在では北はカナダ・アラスカ南部から南はメキシコ北部まで分布する。分布域を広げるためか、まれに大群を作って移動することがある。 成虫は3月頃から10月頃まで長い期間にわたって見られ、年に4-5回ほど発生するが、発生する時期や回数は地域によって異なる。北海道や東北地方など冷涼な地域では年に2回ほどしか発生しないが、温暖な地域では年に7回発生することもある。冬は蛹で越冬するが、食草の葉のかげでじっとしている幼虫も見かけられる。 [編集] 生活環 モン無修正の交尾拒否姿勢モン無修正のオスはメスを見つけると追いかけて交尾を行う。モン無修正を観察すると2匹-数匹が固まって飛んでいるのがよく見かけられるが、これは1匹のメスを複数のオスが追いかけている場合が多い。メスが草花などに止まるとこれらのオスが交尾しようと近寄る。ただしメスがすでに交尾済みの場合、メスは翅を開いて腹部を高く突き出し、交尾拒否姿勢をとる。 交尾の終わったメスはキャベツなどのアブラナ科植物にやって来て、葉の裏で腹部を曲げ、1個ずつ産卵する。卵は黄色で、長さ1mmほどのびんのような形をしている。 卵は1週間ほどでふ化する。卵の殻を内側からかじって幼虫が姿を現すが、ふ化したばかりの幼虫は黄色で短い毛が体の各所に生えており、アオムシというよりケムシに近い。ふ化した幼虫はしばらく卵の横で休息し食事に移るが、最初の食べ物は葉ではなく自分の入っていた卵の殻である。卵の殻は蛋白質に富んでおり、最初の栄養分となる。葉を食べはじめた幼虫は体色も緑色になり、アオムシとなる。 蛹になるまで1ヶ月ほどかかるが、その間に4回脱皮し、体長4cmほどに成長する。蛹になる直前の幼虫はせわしなく動き回り、蛹になるために適した場所を探す。適した場所を見つけると壁面に糸の塊を吐き、そこに上向きになって尾部をくっつける。さらに頭部を背中側に反らせながら胸部を固定する糸の帯を吐き、体を固定した後に脱皮して蛹になる。 冬眠時は数ヶ月ほど蛹のままで過ごすが、短い時は2週間ほどでも羽化する。羽化が近くなると蛹は黄色っぽくなり、皮膚越しに成虫の模様が浮かぶ。 羽化はたいてい朝方に行われる。蛹の頭部と胸部の境界付近から皮膚が割れて成虫が顔を出し、蛹の殻からはい出てくる。成虫は縮んだ翅に体液を送りこんで翅を伸ばし、体が乾くと飛びたつ。成虫の期間は2-3週間ほどで、この間に交尾・産卵を行う。 [編集] 天敵 モン無修正の幼虫は緑色の体色が保護色になるとはいえ、鳥類やアシナガバチなどに捕食される。アブラナ科農作物の葉を食べることから人間にとっては害虫となり、駆除もされる。ただし近年では農薬への批判が高まり、農薬で駆除される割合は少なくなった。一部がかじられた野菜は無農薬野菜の目印として見られることもある。成虫の天敵は鳥類、カマキリ、トンボなどである。 寄生され繭が出現した幼虫また、幼虫に寄生する寄生バチとしてアオムシコマユバチ(アオムシサムライコマユバチともいう。学名:Apanteles glomeratus)が知られる。体長3mmほどの小さな黒いハチで、モン無修正の幼虫に産卵する。ふ化したハチの幼虫は半透明の蛆虫状で、モン無修正幼虫の体内に入りこみ、体の組織を食べて成長する。成長したハチの幼虫は一斉にモン無修正幼虫の皮膚を食い破って外に姿を現し、糸を吐いて黄色の繭を作って蛹になる。体内の組織を食い尽くされたモン無修正幼虫は死んでしまう。このアオムシコマユバチは野生状態では半数以上のモン無修正幼虫に寄生しており、モン無修正が増えすぎるのを抑える有力な要因となっている(このため、小学校などで教材として用いる時はガーゼを張るなどして注意しないと最終的にハチの観察になってしまう)。 寄生バエとしては、カイコノウジバエやブランコヤドリバエなどがいる。これは幼虫の食草にハエが産卵し、それを幼虫が食草と共に食べることによる寄生方法である。消化管に入った卵は孵化してウジとなり徐々に幼虫の体を蝕んでゆく。ウジが終令幼虫になると、宿主の体を破って這い出てサナギとなる。ウジが終令幼虫になった頃には既にモン無修正の幼虫は死んでおり、つつくとウジが体内でうごめいているのがわかる。アオムシコマユバチと違って葉に産卵するので、モン無修正幼虫に飼育下で野生の食草を与える限り防ぎきれないものである。 [編集] 近縁種 モン無修正属(Pieris)のチョウは他にもいる。これらの食草はナズナやイヌガラシなどの野生のアブラナ科植物である。 タイワンモン無修正 Pieris canidia 前翅の長さは2.5cmほど。モン無修正に似ているがやや小型で、オスメスとも後翅のへりに黒い点が3-4個あらわれる。朝鮮半島、中国、台湾に分布するが、日本国内では対馬と八重山諸島だけに分布する。 スジグロ無修正 Pieris melete 前翅の長さは3cmほど。和名のとおり翅に通った翅脈(しみゃく)が黒く目立つ。前翅斑紋はやや四角形をしている。メスがオスよりも大きく、オスは独特の匂いを出す。中国と朝鮮半島、日本国内では北海道から屋久島まで分布するが、モン無修正と違って、人里からやや離れたところに多い。イヌガラシなどの帰化植物を食草とする。 エゾスジグロ無修正 Pieris napi 前翅の長さは2.5-3cmほど。前翅の斑紋がやや丸いが他はスジグロ無修正によく似ている。オスがメスより大きい。ヨーロッパや中国に分布し、日本でも全国に分布するが、近畿以西は標高の高い山地に生息する。北米の亜種 Pieris napi oleracea(Mustard White)は別種とされることもある。主にハタザオ類を食草とする。

その他

トンボ一覧

  • ハグロトンボ
  • ハッチョウトンボ
  • ベッコウトンボ
  • ムカシトンボ
  • ムカシヤンマ
  • メガネウラ

Links


Yahoo!検索

パコパコママ パコパコママ - 当サイトも未成年者にふさわしくない描写、表現がある為未成年者の利用は禁じてます。最近では様々なアダルトサイトがありますが怪しげなサイトを不用意にクリックしない事をおすすめします。 全てが怪しいサイトではありませんがワンクリック詐欺(ツークリック)等が横行しているのも事実です。当サイトはアダルトを真面目に取り扱っております。
0930は痴女 0930は痴女 - ADULT COLLECTIONは、素人のハメ撮りをメインに、オリジナル動画やサンプル動画が見れるサイトへのリンク集です。
nanpa.com nanpa.com - 下のボタンをクリックするとそれぞれのフェチパラダイスに行けるようになっています。どんどん見てね♪
ジャパビューティー ジャパビューティー - 美乳コンテストで見事1位に輝いたERINAちゃん。白いお肌が取ってもきれい!ERINAちゃんのHな声で何度もいきそうになっちゃった!!
素娘ドットコム 素娘ドットコム - ロリフェイスでチ●ポの先っちょをぺロリンコ!水着着たままの胸にザー汁発射すると陵辱してるようで興奮度満点だぃ!
素人党 素人党 - 潮吹き(しおふき) とは、性行為中に女性の膣周辺(尿道説と膣説がある)から何らかの分泌液(スキーン腺分泌液という説あり)が噴出する現象の事。スキーン腺はGスポットに存在し、女性の前立腺と呼ばれる。
無料 レンタルサーバー